空間デザイン、生活の質、参加制度


by amenity3355
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

寿マンション

 
e0006822_7553859.jpg

 この地区は第2種住居地域(60、200)と思われます。工場の跡地で周辺は低層系住宅なので、やはり突出しています。北側は駐車場で、日影は一部賃貸住宅に影響はあっても少ないと思われる。高層マンションで暮らしたことはないのでわかりませんが、上層は虫がこなくて景色が良いらしいです。でも外出するのが面倒になることもあるようです。地震国日本において、超高層ほどでないにしてもかなり揺れるのではないでしょうか。神戸の時も倒壊しないまでも、被害が出たときに再建でもめました。
 用途地域の住居系は7種に細分化されましたが、分かりやすい用途地域は低層系(1~3階)、中層系(5~7階)、高層系としたほうがいいと思います。特に、中高層という用途は低層と中層と高層の建築物が混在し、トラブルの種となります。住居系は基本的に全ての地域に高度地区をかけるべきです。それか、地区計画か、景観地区とすべきです。それまでにどんどん建築が建つと既存不適格ができて、制限が困難になります。暫定的に緩やかな高さ制限、誘導指針(逗子市の開発指針など)を早く決めるべきです。現在の都市計画マスタープランの見直しに盛り込めるかどうかが、最後のチャンスかもしれません。市の都市計画課の人に聞くと、地区計画は推進するそうですが住民発意の受け皿条例は予定されていません。用途地域見直し提案は県任せ(県の権限)です。景観地区の設定は予定がないそうです。都市計画・まちづくり条例も検討されていません。交通・道路系は重視しているようですが、土地利用・景観系は遅れ気味です。残念。
by amenity3355 | 2006-05-06 07:50 | 都市計画・まちづくり